イクメンプレェイストイン

これからモテメンを目指すにはルックスだけでなく主婦業や育児を熟すことは当たり前の時代なんです

イクメン・カジメンを学ぶ〔家事バージョン〕

最近イクメンやカジメンという言葉を良く聞きますよね。
この言葉の意味を、今回は改めて考えてみましょう。

イクメンの意味

イクメンとは、ざっくり言えば積極的に育児をする夫の事を言います。
こちらはカジメンよりも良く聞く言葉でしょう。
もちろん、ちょっとオムツを変えただけとか、それくらいではイクメンと呼べないでしょう。
土日は必ず夫がメインで育児をする、定期的にミルクを与える、という様に夫も中心となって育児をしている必要があります。
分かりやすく言えば、奥さんが負担に感じないくらいに育児に参加している夫なら、十分イクメンと言えるでしょう。

カジメンの意味

カジメンは積極的に家事を行う夫の事を言います。
イクメンより新しい言葉ですが、イクメンの家事バージョンと捉えて良いでしょう。
こちらもイクメンと同じく、やはり積極的に中心となって家事をしていないとカジメンとは呼べません。
そしてカジメンは毎週この日は必ず料理をする、と言ったようにルーチンを持っている事が多い傾向にあります。

仕事と家事の両立

最近は夫婦共働きが当たり前のような時代になってきました。
もう男は仕事! 女は家事! なんて考えは古いのです。
夫でも妻でも、限られた時間の中で仕事、家事、育児を両立するのは当たり前。
そしてそういう時代になった証拠が、イクメンとカジメンの登場なのでしょう。
価値観にとらわれず、男性なら時間の許す限りイクメンとカジメンになれるよう頑張りたい所ですね。

お手伝いだけではイクメンやカジメンにならない!

イクメンやカジメンという言葉で、一つ気をつけたい事があります。
それは少しお手伝いをしただけでは、イクメンやカジメンにはならない、という事です。
たまに洗濯をするんだ、月に一度だけ料理をするんだ。
それくらいではただのお手伝いであり、イクメンやカジメンとは言えません。
つまり本業として育児や家事に参加する事で、やっとイクメンやカジメンを名乗れる、という事なんです。